富山県介護福祉士会とは 会長・理事の紹介 研修事業 関係機関の研修 入会案内 第三者評価事業 介護人材移住応援事業 アクセス お問合わせ リンク 携帯サイト ホームへ戻る


会長ご挨拶
田中雅子会長
 富山県介護福祉士会は平成4年12月、当時97名の有志により設立し、現在2,300名の会員を有するまでになりました。設立以来、多くの関係者のご支援を賜りながら、会員の資質向上や県民の福祉に寄与するためのさまざまな活動に取り組んできました。とりわけ、介護保険制度の導入により介護のプロである私たちへの期待は大きいものがあります。一方で、専門職としての資質が問われる時代といえます。
  富山県介護福祉士会はこれまで以上に要介護者及び家族のニーズに的確に応える専門職の養成に努めてまいります。

会長 田中雅子


富山地区理事紹介
テーマ「介護の魅力とは」

 
副会長 加藤まゆみ

高齢になっても障害を持っても、人が人らしく最期まで生きるための援助するやりがいのある楽しい仕事です。人生の大先輩である高齢者から仕事を通して多くの学びがあり、自分も高齢者との関わりから人として成長が出来る魅力ある仕事です。よりよい介護を提供するため様々な知識と技術を身につけて、災害や戦争を経験され苦労してきた多くの方々が幸せと思えるよう身近に関わらせていただきたいですね。



萩中博幸  
萩中博幸

介護は人が人を支える仕事で、倫理に基づいた幅広い豊富な知識や技術、経験が必要です。学んだことを実践できた時に自分の成長を実感できます。お年寄りの笑顔に出会える瞬間は、格別です。言葉かけや支援の方法次第で、お年寄りや職場の仲間と笑顔で過ごせることがとても嬉しいです。元気な瞬間でもあり、未来に希望がもてます。そんな瞬間を大切にこれからも続けていこうと思います。


林奈津子  
林奈津子

「笑顔」だと思います。利用者の方の笑顔、同僚・上司の笑顔が自分の笑顔に繋がる→自分の笑顔が利用者の方の笑顔に繋がる。この連鎖によって介護の楽しさが生まれると思います。楽しく介護することでさらに笑顔が生まれます。この良い循環で素敵な介護にするのは自分次第!みんなでがんばりましょう。 


 
荒山浩子

科学的根拠に基づいた介護によって、目の前の利用者の人生だけでなく、家族、地域、そしてこの国の未来をも、より良いものに変えていける事が魅力です。


 
城村篤志

介護福祉士の仕事は様々な人の人生そのものに関わることができます。人が生活していく中で欠かすことができないことに対して、様々な工夫や情報の整理を行うことで、生活の変化の過程を間近で見ることができます。生活の満足度が高まったときが仕事への達成感や魅力を感じることができます。



 
村田香生里

介護はモノではなくヒト相手。関わりの中で日々変化しアクシデントや様々な発見があります。それに対しての挑戦や、関わりによっての変化することにワクワクやドキドキ、楽しみがあり、その時の達成感や普段言えない、伝えられない方からの一言や表情で「ありがとう」「助かった」などのメッセージを受け取った時の喜びや感動や感謝が感じられ、「次は」と考えることができる楽しみは介護士だからこそ味わえる魅力かと思います。


呉東地区理事紹介
テーマ「介護の魅力とは」

 
副会長 舟田伸司

介護の魅力はその広さと深さかと思います。生活支援であるからこそ学びの裾野は広く、個別性があるからこそ、その一つ一つの深さも底なし。興味を持てばその魅力と面白さは無限大です。だからこそ興味がなかったり、また逆に想いがありすぎ視野が狭くなったりすると、どちらも“助けるだけ”の介助になってしまいます。介護の“護る”は尊厳です。目の前の方々が自分らしい普通の暮らしがしたいを否定せず、共に思考し支援する。明日に向かってより良い介護を!


 
水島誠

介護は悪いところを見つける仕事ではなく、良いところを見つけるのが仕事です。また、介護はまだまだ発展途上中で、のびしろがたくさんある仕事です。知識と技術と経験、想像力と創造力を生かし、利用者から「あんたでよかった」「ここでよかった」と言っていただけるようチームで成長する、そこに介護の魅力があると思います。 


 
中島理美

人は誰も、「役に立ちたい」「必要とされたい」という思いがあります。目の前にいる人は大切な存在。その方にとってどうしたら良いか考え想う心を持って関わり、その方に喜んでもらえた時や温かい言葉や笑顔が返ってきた時は、介護者自身が大きな喜びとやりがいを感じ、心が温かくなります。日々の関わりが積み重なればお互いにプラスの関係がさらに強くなります。人と人とのつながりの中で自分自身が成長でき、その恩返しとしても、感謝の心と笑顔を忘れず頑張っていきたいと思います。


 
水島徹

なんと言っても日々の新しい出会いだと思います。施設に利用者をお迎えし「はじめまして」と言葉を交わすところから始まり、「お元気で!また必ずお会いしましょうね」とお送り出来るくらいの関係を築くことが出来たとしたら、その人の人生の一部に自分という存在をちょっとでも刻んでいただけたとしたら、これほど嬉しいことはありません。理事の活動を通して、私の思う介護の魅力を出来るだけ多くの方に伝えていければいいなぁと思っています。


 
中島寛司

29年度より、理事になった中島です。初めて介護の世界に飛び込んでから早23年の年月が流れました。時代により介護の考え方も様々に変化して来ましたが、当時からの誰よりも先に利用者に声を掛けてもらえる存在でありたいと言う思いは変わる事はありません。利用者に遠慮させない、11人の思いを感じ取り声なき声に気づき、しっかりくみ取れる介護士を目指しこれからも歩み続けて行きたいと思います。


 
中田伶奈

介護の仕事は、一人一人のLIFEに関われる仕事。その人の人生・命・生活に関わることで、信頼関係が築け「あんたでよかったぁ」「今日も頼むちゃ」と言われると、この仕事のやりがいを感じます。また、仕事を続けていく事で、他職種との関わりで新しい知識を得ることもでき、日々進化している介護の技術を取得し現場で実践し、相手に負担なく出来たとき、一緒に力を合わせて出来たときに一緒に喜びあえる職種だと思います。 



呉西地区理事紹介
テーマ「介護の魅力とは」

 
副会長 石田修一

私が介護(福祉)の仕事に思いを傾けたのは、障害児とともに旅行をする活動に参加、それがきっかけとなり福祉系専門学校で学び、介護(福祉)を仕事として関わるようになりました。人の生活を介護だけで支えられるわけではありませんが、出会う方々との信頼関係を築き誰もが住みよい地域づくりの一助になればと思い、日々精進しております。  


中村千春  
中村千春

私たちの支援や働きかけによって、笑顔が見られたり、いろんな言葉を聴かせてもらえること。その中で、いろんな人生を歩んできた利用者様の日常が少しでも良く、自分らしく変化する事に、喜びや感動、達成感があり、学ばせて頂くことがたくさんあること。人と人との繋がりの大切さが実感できること。その変化や学び、人との繋がりが介護の面白さでもあり、魅力だと感じています


 
土後富士子

お一人お一人の状況に合わせて、好きなこと、得意なこと、続けたい事を引き出し「楽しく生きること」を共に考え創意工夫できること。


  野村幸伸

この仕事は本当にやりがいもあるし、楽しみも、皆で一緒に笑いあえる空間もそこにはあります。しかし、なぜかその事実はメディア等で伝えられる事は少なく、一側面的からのみの意見に終始しています。「福祉の仕事に就いて良かった。福祉や介護の仕事に就きたい。携わっている人が羨ましい!!」一人でも多くの人たちにそう思っていただける様に介護の実践を歩み続け、この仕事の魅力を発信していきたいと思っています。


 
小野寺正子

先日、看取りケアを行った利用者のご家族から「この施設に入所できて本当に良かったです。(職員の)皆さんと出会えたことが嬉しい」と言われました。「お世話になりました」という言葉をいただくことは多いのですが、「出会えて嬉しい」というのは、介護士にとって最高の賛辞だなぁ、と思いました
これだから、介護士はやめられません。


 
瀧田淳

要介護状態となって今まで出来ていたことができなくなってしまうと、これからの生活に希望が持てなくなり人生を諦めてしまう事があります。そんな時介護者がその方の尊厳を守り、思いに寄り添う事で「温泉に行きたい」「好きな歌手のコンサートに参加したい」と意欲を取り戻し、積極的に人生を楽しむ事が出来るようになることがあります。そういう支援ができる事が介護の魅力だと思います。